熟練の大工による手刻みで手造りの味わいや木の温もりを伝え、木組みの美しさを魅せます

シバタホームでは長年をかけて培ってきた技術を身につけている熟練の大工による手作業で、木材に墨を付け、鋸や鉋で加工していく「手刻み」にこだわっています。
現在、木造建築の現場ではコンピューターと機械によるプレカットが主流になっています。
しかし、シバタホームが主に使用している無垢の木は一本一本、性格が違うため、木の性格を見極め、無駄なく適材適所に使用することができる熟練の大工の目・技術が重要だと考えている為今現在も大工の「手刻み」を行っています。

手刻みとは?

大工が手作業で木材に墨を付け、ノコギリやカンナで加工していく古来から伝わるこの伝統的な工程です。

昔ながらの頑丈な木造軸組構法 独自の経験と技を活かしながら
ひとつひとつにこだわり、安心を手作りします。
お問い合わせ窓口
シバタホームとは
施工実績
住まいのサポート
会社情報
販売物件