about

シバタホームの特長

シバタホームの特長

住み心地の良い家づくりを実現する自社一貫建築。
シバタホームの家づくりは技術力と共に木材商の芝田商会、設計事務所の芝田容子建築設計室を併せ持ち、お客様へ最適な住まいをご提案しております。 それぞれの特長をご紹介いたします。

自社一貫建築

施工

設計力を生かせるのは確かな技術力と現代の工法を取り入れているからです。木材加工から組み立てまでシバタホームは一貫して関わっています。伝統の手刻みの技術の研究を怠らず、常に新しい技術、工法も取り入れ、住み心地ナンバー1の家造りを目指します。

設計

妥協を許さない徹底した考えやこだわりがすべてに反映され、埼玉建築文化賞では優秀賞をいただきました。
一級建築士がご相談・敷地調査・設計・施工管理・お引渡しまで一貫してお客様を担当し最適な住まいをご提案します。

材木(建材)

木材商として優良な木材を大量購入し、貯えています。ですから、十分ねかせた良材を使用できるのです。幾重の年輪がある本物の木の良さをお客様にお伝えし健康・安全・安心住宅を追求します。

派手な宣伝はできませんが、その分高額な宣伝費が価格に上乗せされません。集成材(断面寸法の小さい木材-板材-を接着剤で再構成して作られる木質材料)を無理やり無垢材と言ったりしないですむのです。だから適正価格で良い家が提供できます。

LINE
集成材と無垢材

集成材と無垢材

本物の無垢の木を使った家づくり

現在、木造住宅の構造材で使われているのは、幾重の年輪を持つ本物の無垢の木と集成材があります。

集成材は小さい板状の木材を接着剤で貼り付けた工業製品です。
本物の無垢の木は幾重の年輪を持つ、1本の木でできた天然の材木です。
周囲を突き板で覆ってしまうため、木の切り口を見ないと集成材か本物の無垢の木か見分けが付きにくく、建ててしまってからでは分からないことが多いです。

今多くの住宅で使われているのは集成材です。
私たちは本物の無垢の木を使って家づくりをしています。
伐採

伐採している様子

本物の無垢の木について

無垢の木は山から伐り出し、製材され、乾燥して使います。
集成材とは違い接着剤で貼り付けていないので木は生きているので調湿作用があります。
1本の木の天然木なのでシックハウスとは無縁で、接着剤が剥がれる心配もありません。

材木保管庫

木材の保管庫

ご存知のとおり、本物の無垢の木は古くから使われている歴史があります。
調湿機能に優れ、人はもちろん、環境にもやさしく、樹種によっては抗菌性・防虫性・調湿性・断熱性などの特性を持つ優れた建築材料です。自然の風合いと癒し安全・健康を与えてくれます。
本物の無垢の木は1本1本性格が違う為、木の性格を見極め無駄なく適材適所に使う必要性があります。
それには本物の無垢の木を使いこなせる技術力が不可欠です。
無垢材は集成材よりも弱いということを聞いたことがあるかもしれません。
しかしこれはきちんと乾燥していない無垢材と比べてのお話です。
無垢の木もきちんと乾燥させ、規定の含水率まで乾燥させたものを使っていますのできちんと強度はでます。
人工の材料ではないのでスパン(長さ)の制限は出てきますが住宅規模であれば十分対応できます。

私たちは健康・安全な無垢の木を使い、木を活かし、魅せ方にこだわり職人の技術や設計力を活かした住宅をご提案しています。
無垢の木

幾重の年輪が造る家~年輪について~

本物の無垢の木には必ず年輪があります。
これも小口(木の切り口)を見なければ分かりません。
木の小口にある円が何重にもなっているところを言います。
年輪は木が何十年、何百年立っていたかを示しており、年輪を数えると木の年が分かります。
100ぐるぐるしていたら、その木は100歳、山で100年育った木と言えます。

100年育った木は、山から伐り出され、製材され、乾燥され、家の材料となった時、100年持つと言われています。
年輪が多いほど歳月を経た木であり、寿命も長く、価値があります。 木は人間と同じように育った環境により、木の性格が違います。

日当たりが良く、成長の早い木は年輪が荒かったり、逆に寒さに耐え、少しずつではあるが確実に成長した木は年輪が細かく詰まっている等年輪は木の育った環境や木の性格も教えてくれます。
集成材は木を貼り付けるので年輪はありません。

”幾重の年輪が造る家=本物の無垢の木の家”という意味を込めて使っています。
施工現場

施工現場の様子

木造軸組工法の特長

日本の気候風土と相性の良い木の柱や梁を組み合わせた木造軸組工法は四季がある日本の気候風土の中で培われてきました。
この工法は温度や湿度の変化にも柔軟に対応するしなやかさを持っているだけでなく、地震や火災に強い特長を持っています。
設計の自由度が高く、木の良さを最大限に活かした長持ちする住まいを造ることができます。

暮らしの変化に合わせた間取りの変更もし易い
長く住み継いでいく中では家族構成や暮らしの変化も出てきます。
間仕切りの壁を取って広くしたり、水廻りを移動したりと暮らしの変化に合わせて家の強度を損なうことなくリフォームすることができます。
無垢フローリング

無垢の床で元気にハイハイ

木は丈夫で強く人と環境に優しい材料であること

木のぬくもりや風合いは心を癒します。
木に含まれるフィトンチッドという癒しの成分や工業製品では味わえない肌触りと心地良さ、1本1本異なる木目の表情の豊かさは五感へと伝わり心と体を癒す健康材料。
経年変化

無垢材の経年変化

本物の無垢の木、自然素材を使うということ

木は自然の中で育った生き物です。
人間と同じように1本1本性格が異なり、家となってからも生き続けています。
生き続けているからこそ、調湿作用や癒しの効果など私たちに様々な良いことをもたらしてくれます。
しかし生き続けているからこそ、木は刻々と変化し続けます。
それが反りやねじれ、割れとなって表れることがあります。
生き続けてることの良さではありますが大体建ててから1年ぐらいは木製建具の反りや、柱、梁の割れが出てくるかもしれません。
季節による湿度の変化で木が多少膨らんだり、隙間が生じたりすることもあります。
そんな時はいつでもご相談ください。

室内の塗り壁や無垢の床板も湿度による変化や年月を経て得られる経年変化があります。
工業製品ではない無垢の木は住んでいくうちに良い風合いに変化しそれも楽しみの1つであります。