Works

003_桜もとの家(埼玉建築文化賞住宅部門優秀賞受賞)

桜もとの家
住宅部門
埼玉建築文化賞 優秀賞
ver.03

桜もとの家(埼玉建築文化賞優秀賞受賞)

すべて呼吸する材料で仕上げた体に心に環境に優しいお家。

無垢の杉板のアーチ

玄関

間接照明を適所に入れることで柔らかな空間を演出しています。
天井は無垢の杉板のアーチをつけて。
玄関
勾配天井

リビング・ダイニング

登り梁を活かした木組みの勾配天井。
床は木曽檜の無垢板を使用。
光冷暖と薪ストーブ
空調は光冷暖と薪ストーブを併用。
どちらも輻射式の空調で体に優しく心地良い。
手漉き和紙

リビングダイニング窓廻り

窓廻りには手漉き和紙を用いた建具を。
地元産の良い原料(楮)を使用して作られた自然素材。
細川紙

和紙のこと

私たちは木と相性の良い材料を住宅に取り入れることをご提案することが多く、その1つに和紙があります。
呼吸する材料であることからもおすすめしています。
日本は木と紙の文化を持っていることからも、日本の住宅に適していると常々思っています。

施工実例でもある、桜もとの家や無垢の木と手造り技が魅せる家ではときがわ町周辺でとれた地元産の良い原料(楮)を使い1300年の歴史を持つ細川紙(ユネスコ無形文化遺産)の技術者でありときがわ町に工房を持つ谷野裕子さんの協力を得て手漉き和紙を取り入れています。
自然素材・手造り技という点からも私たちの家造りと共通しており、とても魅力的な素材です。
手漉き和紙

手漉き和紙

型から作り、大きさや間隔にこだわったうずまきの透かしのデザイン。
槙の木

槙の木

階段廻りに槙の木を通し柱で入れ存在感をプラス。