Works

001_古材を再利用した通り土間のある家
(埼玉建築文化賞住宅部門優秀賞受賞)

ver.01

古材を再利用した通り土間のある家
(埼玉建築文化賞住宅部門優秀賞受賞)

通り土間を中心に家族の暮らしを紡ぐ。
パブリック空間とプライベート空間を通り土間が緩やかに繋ぐ。

通り土間

大工の手刻みにより実現した古材を再利用したお家

薪ストーブを設え、様々な用途に活用できる暮らしを豊かにする通り土間
通り土間

通り土間

通り土間の上部は吹抜ており、 母屋で使っていた梁の古材を荷のかからないところに再利用しています。 ガイシもオブジェとして梁に取り付けました。
入口

入口

通り土間からプライベート空間入口
古材の梁

リビング・ダイニング

開放的な空間。ここにも上部に古材の梁を入れています。
良い風合いに燻された梁が魅力的です。
リビング

1段下がったリビング

天井は登り梁の勾配天井とし、すっきり開放的に納めています。
無垢の杉板
床材は栗の無垢板を張り、古材との色のバランスを考慮しています。
壁には無垢の杉板を使用し、張り方にもこだわりを持っています。
和室とリビング

和室

和室と繋がるリビング
和室

インタビュー